>  > 安かろう悪かろうを覚悟していたのに

安かろう悪かろうを覚悟していたのに

これまで、いろいろなフーゾクに行きました。まぁ、こんなことは自慢にならないんですけど、たぶん、ありとあらゆるフーゾクに行ったと思われます。これまでフーゾクに投入した金額は、かなりのもの。お蔭で結婚していませんが、フーゾク嬢のテクニックは、素人の女の子とは比べものにならないと考えています。そんな私のオススメは、某ピンサロ店。ここは格安だったにも関わらず、最高級のテクニックをもっていましたね。普通「激安」というと「安かろう悪かろう」というのも仕方がないんですけど、そこの激安ピンサロは違っていました。「激安」にも関わらず、女の子の見た目とテクニックは最上級でしたもん。フーゾク経験が豊富な私でさえ、あんなにコスト・パフォーマンスのいいところは他にありませんもんね。あの女の子の質だったら10万円以上を出しても変ではないレベルだったのに、「激安」でしたから。後にも先にも、あそこを超えるフーゾクを知りません。

奢ってもらった時のお店について

某店舗の話です。私は、当時付き合いのある親戚がいました。その親戚はずっと自分に良くしてくれていて、私が仕事をしていなかったり困っている時もずっと見守ってくれて助けてくれました。そんな中で私が就職を決めた時等の節目の時は大体何かしらのお祝いをしてくれました。その当時その方はパナソニックで係長をしていました。私は2本郵政公社の内務で就職を決めて、気分的にも浮かれていました。よしお祝いに風俗に行こうと言うことになりピンサロに連れて行ってもらいました。その時は昼間で店舗は賑わっていたものの、キャストの当たり外れはどうしてもあったように思います。好みが幸いずれた為私は少し年上の細身の方を選びました。その方は若い子を選んでいました。しかしながらブースがすぐ隣だった為に声が丸聞こえでした。こっちが少し恥ずかしくなるくらいの声の漏れ具合でした。私は当時まだ若く右も左も分からない状態だった為少々圧倒されてしまいましたが、その方はまるでここは俺の庭だくらいの感じでした。やはり店舗が激安店だと時には我慢も必要なのかなと言うのが正直な印象でした。プレイのことがまるで記憶にのこりませんでした。

[ 2017-06-25 ]

カテゴリ: 風俗体験談